ラブとエロス

ラブとエロス

浅野温子、長瀬智也、藤井フミヤが初共演で贈るトライアングル・ラブストーリー。

八巻カスミ(浅野温子)は10年前に夫を亡くし、弁当屋を営みながら一人息子のタケシを育ててきた。亡き夫の親友で学習塾を開いている長谷川龍一(藤井フミヤ)は、カスミ親子の面倒を見てきた。龍一はカスミに思いを寄せていたが、その思いを告げられずにいる。
ある日、市場に出かけたカスミは、自分の欲しい食材を次々に買い付けていく青年・合田次郎(長瀬智也)と出会う。
入院中の龍一の父親が危篤となったころ、龍一は母親の八重子(高林由紀子)から異母弟の存在を告げられる。数日後、龍一の父親が死去。意を決した龍一は、父親の葬儀の席上でカスミにプロポーズ。呆然とするカスミの前に龍一の異母兄弟として次郎が現れる。

s
s