あしたのジョー

あしたのジョー

運命の出会い、運命の対決

昭和40年代、東京の下町で殺伐とした生活を送る矢吹丈(山下智久)は、元ボクサー・丹下段平(香川照之)にボクサーとしてのセンスを見出される。しかし、問題を起こした丈は少年院へ。そこでチャンピオンレベルの力を持つプロボクサー・力石徹(伊勢谷友介)と運命の出会いを果たす。一足先に少年院を出た力石は、恵まれた環境のなか連戦連勝し、エリート街道をひた走る。一方の丈は、段平と二人三脚の特訓を行い、“クロスカウンターパンチ”を得意とする人気ボクサーとなる。やがて、力石は世界タイトルに手が届くところまで上り詰めるが、世界戦の前に丈との決着を望み、丈も力石戦実現を強く求める。そして、運命の日。ふたりは宿命のリングに上がる。

s
s